韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:青春ラブストーリー「太陽に向かって」

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:青春ラブストーリー「太陽に向かって」

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:青春ラブストーリー「太陽に向かって」

「太陽に向かって」は、韓国SBSで、2003年1月から放送されたテレビドラマです。
ドラマ「天国の階段」で一躍有名となった、クォン・サンウの初主演となる作品でもあります。

この作品は、亡くなった父親の夢を追って海軍に入隊した、熱血的な主人公をはじめ、若者たちの夢や希望、試練や挫折、そして愛を感動的に描いています。

ソンミン(クォン・サンウ)は、早くに両親を亡くしたため、妹の親代わりとなって育ててきました。
そして、父の遺志を継ぐために海軍に入隊しました。
情熱的な性格のソンミンは、洗練された外見とは対照的に、考えることよりも行動が先行してしまうので、周囲と衝突することも多かったのです。
でも、一度引き受けたことは、どんなことでも必ず成し遂げようとする、誠実な面もありました。

ある日、ソンミンは、女医のへリン(ミョン・セビン)に一目惚れします。
彼女に、自分の気持ちを打ち明け、猛烈にアタックしますが、へリンはソンミンに対して心を許してくれません。
実は、へリンは、1年前に交通事故で婚約者を亡くしたという、悲しい過去の持ち主だったのです・・・。

「太陽に向かって」は、過去に負った心の傷を、癒すことができるのは「愛」だけであり、愛すれば愛するほど、希望が見えてくるはず、ということを、たくましく生きるキャラクターを通して描いています。
試練を乗り越えた先に、「愛」というものがどれだけ価値のあるものなのか、改めて確認できると思いますよ。

posted by 韓国語で韓国ドラマ | 韓国ドラマ「太陽に向かって」のあらすじ

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:衝撃のドラマ「人魚姫」

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:衝撃のドラマ「人魚姫」

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:衝撃のドラマ「人魚姫」

「人魚姫」は、2003年に韓国MBCで放送され、多くの女性視聴者を虜にしたドラマです。

ウン・アリヨン(チャン・ソヒ)の父ウン・ジンソプ(パク・クニョン)は、母キョンヘと幼いアリヨンを捨て、家族ぐるみの仲であった女優シム・スジョン(ハン・ヘスク)のもとへ行ってしまいました。
アリヨンは、両親が離婚してから、アメリカで暮らしていましたが、中学生の頃に韓国へ戻ってきます。そこで、母と自分を捨てた父が、新しい家庭を築き、ウン・イェヨン(ウ・ヒジン)という娘までもうけ、幸せそうに暮らしている光景を目にします。

アリヨンは、父とその家族に対して、復讐することを誓います。
そして、血のにじむような努力をして、人気脚本家となりました。
不幸が続いたことで、目が見えなくなった母を支えながら、アリヨンは、復讐の機会をうかがいます。
そして、復讐が始まります。

まず、アリヨンが手掛けた新作ドラマに、スジョンを主演女優に指名したのです。
そして、スジョンが母にしてきた行動を思わせる脚本内容によって、アリヨンは、執拗なまでに演技の要求をしていきます。
復讐の手は、さらに娘イェヨンにまで伸びていくのです・・・。

「人魚姫」の見所は、なんと言っても、主人公の徹底的な復讐ぶりでしょう。
大切な父という大きな存在を奪われ、自分に注がれるはずの愛情までも奪われてしまったアリヨンが、新しく父が築いた家族に対して復讐を誓います。
憎しみや嫉妬、そして欲望・・・、全ての感情を見事なまでに描いています。
衝撃的な復讐劇に視聴者はくぎづけとなり、韓国では高視聴率を獲得し、多くの社会現象を巻き起こしました。

posted by 韓国語で韓国ドラマ | 韓国ドラマ「人魚姫」のあらすじ

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:ドリーミング・ラブコメディー「コーヒープリンス1号店」

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:ドリーミング・ラブコメディー「コーヒープリンス1号店」

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:ドリーミング・ラブコメディー「コーヒープリンス1号店」

2007年7月に放送された「コーヒープリンス1号店」は、イ・ソンミの同名小説をドラマ化したもので、韓国では、最高視聴率27.8%を記録したドリーミング・ラブコメディーです。
ドラマの人気を受けて、原作の小説もベストセラーとなりました。
コ・ウンチャンを演じたユン・ウネは、ドラマのイメージに合わせて、思い切ってショートヘアーにしました。

コ・ウンチャン(ユン・ウネ)は、部品工場を経営していた父親を幼い頃に亡くし、一家の大黒柱となって、ワインバーやテコンドー道場などで働いて家計を支えている、たくましい女の子です。
なりふり構わずに働いているので、男性に間違われることは日常茶飯事です。
テコンドー道場がつぶれたことで、ウンチャンは、イケメン男性しか募集していない、カフェ「コーヒープリンス1号店」で、男性店員として働くことになります。

一方、食品会社の御曹司チェ・ハンギョル(コン・ユ)は、頭は良いが、他人に対して全く関心がなく、面倒を掛け合うことが嫌いな、徹底した個人主義者です。
ハンギョルは、留学先から帰ると、大会社を経営している祖母から、今にもつぶれそうな「コーヒープリンス1号店」の社長となるように命じられます。

男性定員として働くウンチャンに、ハンギョルは男として接しているうちに、次第に好意を抱くようになり、もしかして自分はゲイなのかもしれない・・・と悩みます。
果たして、2人の恋の行方はどうなるのでしょうか?
そして、コーヒープリンス1号店の運命は一体・・・?

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:傑作ラブ・コメディ「ぶどう畑のあの男」

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:傑作ラブ・コメディ「ぶどう畑のあの男」

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:傑作ラブ・コメディ「ぶどう畑のあの男」

「ぶどう畑のあの男」は、素朴な主人公が、あったかい人間関係を築くことで、成長していく姿を描いた傑作ラブ・コメディです。

ジヒョン(ユン・ウネ)は、アパレル会社で働いていましたが、デザインを上司に盗まれて、さらに会社までクビになってしまいます。
そんな時、親戚のピョンダル(イ・スンジェ)が、「1年間ぶどう畑で働けば、1万坪の畑を譲る」という話を、ジヒョンに持ちかけてきます。
ジヒョンは、将来のファッション事業資金を稼ごうと、農村で働きながら暮らすことを決意します。

田舎での暮らしは、都会で育ったジヒョンにとっては、驚きの連続です。
不衛生の環境の中で、過酷な労働の日々が続きました。
そして、叔父と一緒に暮らしている、農村の青年チャン・テッキ(オ・マンソク)とは性格が合わず、ジヒョンは憂鬱な日々を送っていました。

ある日、ジヒョンは、昔、好意を抱いていたキョンミン(キム・ジソク)と再会します。
村の保健所で医者として働いており、ハンサムで賢く将来有望なキョンミンに、ジヒョンは猛烈にアプローチを試みます。
ところが、次第にテッキのことも気になり始めます・・・。

ドラマ「宮 〜Love in Palace」で一躍スターダムに昇ったユン・ウネと、ミュージカルで大活躍している、演技派俳優のオ・マンソクが共演し話題となったドラマです。
このドラマは、オ・マンソクにとって、初主演となりましたが、包容力のある男を演じきりました。
また、ユン・ウネの農村ファッションや、オ・マンソクの方言にも注目したい作品です。

posted by 韓国語で韓国ドラマ | 韓国ドラマ「ぶどう畑のあの男」のあらすじ

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:大ヒットドラマ「宮〜Love in Palace」

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:大ヒットドラマ「宮〜Love in Palace」

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:大ヒットドラマ「宮〜Love in Palace」

「宮〜Love in Palace」は、韓国でミリオンセラーに達するほどの、大人気少女マンガが原作となっています。
韓国にもしも王室がまだ続いていたら、という斬新な設定が受けて大ヒットしました。
素晴らしい独特の世界観や、高い完成度の美しい衣装、そして、40億ウォンを超える豪華で色彩あふれるセットデザインが魅力の作品です。

舞台は、西暦2006年、任化14年です。
皇室では、現皇帝の容態が深刻化したことで、皇太子シンの結婚を早めようとしていました。
シンは、全く知らない相手と結婚するよりは、自分の恋人であるヒョリンと結婚した方が良い、とプロポーズします。
ところが、彼女は、バレリーナになる夢を捨てられない、と結婚を断られてしまいます。

一方、皇室では、先代の皇帝との約束によって、一般庶民のチェギョンを許婚として、結婚の準備が進められていました。
しかし、チェギョンとシンは、同じ芸術高等学校に通っていて、シンがヒョリンにプロポーズしている現場を、偶然目撃していたのです。
チェギョンは、皇太子シンは性格が悪く、他に好きな人がいるのに、結婚することはできない、と言い張りますが、借金に追われている彼女の家を救うために、シンと結婚することを決意してしまいます・・・。

「宮」は、韓国では2006年1月から放送されました。
皇太子シン役には、モデル出身で知性と美しい顔立ちを兼ね備え、とても人気のあるチュ・ジフンが演じました。
プリンセス役には、歌手で元「Baby V.O.X」のユン・ウネが抜擢されました。
また、同じく歌手で元「UN」のJohn−Hoon(ジョンフン)も、この作品で俳優活動に本格的に入りました。

posted by 韓国語で韓国ドラマ | 韓国ドラマ「宮〜Love in Palace」のあらすじ

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:超人気ドラマ「フルハウス」

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:超人気ドラマ「フルハウス」

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:超人気ドラマ「フルハウス」

「フルハウス」は、韓国で最高視聴率40%以上を記録した、超人気ドラマです。
アジアのトップスターであるRAIN(ピ)と、人気若手女優のソン・ヘギョが、笑えて泣けるラブ・コメディを展開します。

ハン・ジウン(ソン・ヘギョ)は、遺産として両親が残してくれた、海辺の一軒家「フルハウス」に1人で暮らしています。
ある日、ジウンは、友人のヒジン(イ・ヨンウン)とドンウク(カン・トハン)にだまされて、上海旅行に1人で行くことになります。
その機内で、トップ俳優のイ・ヨンジェ(ピ)と隣合わせの席になり、とても興奮します。
ところが、ジウンは、ヨンジェのシャツに吐くという失態をしてしまい、彼との出会いは最悪です。

空港にジウンが到着して、現地ガイドを探しますが、どこにも見当たりません。
なんとか、一人で宿泊する予定のホテルまで行きますが、予約もされていませんでした。
お金もないので、帰国することもできません。
途方にくれていた時、ヨンジェがそのホテルに偶然宿泊しており、彼にお金を借ります。

ジウンは、やっとの思いで自宅へ戻ることができましたが、家財道具は全てなくなっていました。
また、預金もなくなり、さらに大切な「フルハウス」まで売られていたのです。
ヨンジェは、フルハウスの新しい家主となりましたが、どこも行くあてのない彼女を哀れに思い、家政婦として住み込みで雇い、2人は同居生活を始めます。
そして、ジウンはフルハウスを再び取り戻すために、ヨンジェはカン・へウォン(ハン・ウンジョン)を忘れるために、2人は契約結婚をします・・・。

posted by 韓国語で韓国ドラマ | 韓国ドラマ「フルハウス」のあらすじ

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:ラブ・コメディ「猟奇的な彼女」

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:ラブ・コメディ「猟奇的な彼女」

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:ラブ・コメディ「猟奇的な彼女」

「猟奇的な彼女」は、インターネットに載せられた実話に基づいた、アジアを代表するラブロマンスの傑作です。

大学に通っているキョヌ(チャ・テヒョン)は、電車の中で、酔っ払った「彼女」と出会います。
意識のない状態の彼女を、そのまま放っておくことができず、仕方なくホテルへ運びます。
ところが、突然そこへ警官が現れます。

翌朝、キョヌは留置所から出るのですが、彼女から呼び出されます。
彼女は、「私に何をしたの!?」とキョヌに問い詰めます。
キョヌは、昨夜の事情を全て話し、キョヌと彼女の奇妙な関係が始まるのです。

とても気が強くて強引という、見た目と全然違う彼女に、振り回されるキョヌですが、その純粋で素直な心に、特別な感情が芽生えていきます。

タイトルの「猟奇的・・・」と聞くと、サイコなイメージを思い浮かべるかもしれません。
「猟奇的」とは、韓国語の独特な意味で、「個性的」や「意外性」という、プラスのイメージでも使われています。
この作品は、少し不思議な人情味あふれる恋愛物語が、キュートに描かれた「ラブ・コメディ」なのです。

日本と同じように、最近では、気弱な男の子が増えて、強い女の子が増えています。
しかし、この「彼女」は、それ以上に気が強く辛口です。
殴ったり蹴ったり、叫んだり怒鳴り散らしたり・・・その清純そうな容姿からは、想像することができない暴れようを発揮します。
甘やかされて育ったキョヌが、「彼女」によって鍛えられていく姿が、とてもキュートです。
運命的に出会った2人の関係を見ていると、なぜか暖かい気持ちにさせられるでしょう。

posted by 韓国語で韓国ドラマ | 韓国ドラマ「猟奇的な彼女」のあらすじ

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:感動作「悲しき恋歌」

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:感動作「悲しき恋歌」

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:感動作「悲しき恋歌」

韓国ドラマ「悲しき恋歌」は、涙なしには見ることができない感動作と言えます。

1988年、ジュンヨン(クォン・サンウ)は、水商売をしている母親ソ・ヒャンジャのもとで、ケンカの絶えない日々を過ごしていました。
母親が米軍相手の売春婦をしていたことで、ジュンヨンは小学校でいじめに合い、母親を憎んでいました。

そして、ジュンヨン10歳の秋、クラブ歌手のミシュクが、母親のクラブに、姪のヘイン(キム・ヒソン)を連れてきました。
それが、ジュンヨンと、運命の恋人となるヘインとの初めての出会いでした。
ジュンヨンは、それまで愛情を感じることなく育ったため、ひねくれていましたが、盲目のヘインと出会ったことで、徐々に心を開いていきます。
また、ヘインと愛を育みながら、ジュンヨンは、眠っていた音楽の才能を開花させていきます。

ジュンヨンが17歳のとき、ミシュクが夜逃げをしたことで、ヘインも何も告げずに去ってしまいます。
その後、彷徨していたジュンヨンは、実父に引き取られることになりました。
名前も「チェ・ジュンギュ」と変えて、新しい人生をスタートさせます。
新しい学校では、運命の親友となるゴンウ(ヨン・ジョンフン)に出会います。

ジュンギュは、ヘインを忘れられないでいましたが、ある日、ヘインと劇的な再会を果たします。
数日後、アメリカに行くヘインと、別れる前に、2人だけの結婚式を挙げます。

そして、ジュンギュは、一流のギタリストになるために、勉強に専念して、ソウル大学器楽課を目指します。
ところが、不慮の事故によって、実技試験を受けられなくなってしまいます。

愛する人も夢も失って、絶望のどん底にいたジュンギュは、ニューヨークでヘインと再会するのです。
しかし、ヘインはなんと、親友のゴンウと交際していたのです。
そして、男女の悲しく切ない恋愛物語が始まるのです・・・。

posted by 韓国語で韓国ドラマ | 韓国ドラマ「悲しき恋歌」のあらすじ

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:「ナイスガイ」のあらすじ

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:「ナイスガイ」のあらすじ

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:「ナイスガイ」のあらすじ

韓国ドラマ「ナイスガイ」を紹介します。

パク刑事は、久しぶりの休暇に、家族とデパートで過ごしていました。
そこで、指名手配中の暴力団組長ハン・テマンが、息子と休日を楽しんでいるのを偶然目撃します。
刑事としての正義感から、パク刑事は、たった1人でその男を逮捕しようとしました。
しかし、不幸なことに、パク刑事とその妻は、亡くなってしまいました。
ハン・テマンも死亡しました。
そんな中、パク刑事の同僚のオ・ドンチョル刑事は、現場にいたハン・テマンの息子ギヨンを、パク刑事の息子パク・ジュンピルと誤解してしまいます。

ギヨンは、「パク・ジュンピル」(シン・ハギュン)として、オ刑事のもとで、娘のスンジョン(ハン・ジミン)と共に、健康で明るく育っていきます。
本当のパク・ジュンピルは、事件の大混乱の中、両親のいなくなった不幸な子として、保護され困難な少年時代を経ます。
そして、彼は「カン・テピョン」(チョ・ハンソン)として、貧しいながらも、父親譲りの勇敢な青年に成長します。

ジュンピルは、育ての父親と同じ刑事になるために、警察学校に進んで、エリートとして輝かしい道を歩んでいましたが、素性のことを、誰にも打ち明けられず苦悩を秘めていました。
一方、テピョンも、運命に導かれるようにして、殉職した父親と同じ警察官を志すようになります。
そして、この2人は、運命的に再会するのです。
この2人の未来は、一体どうなってしまうのでしょうか・・・。

posted by 韓国語で韓国ドラマ | 韓国ドラマ「ナイスガイ」のあらすじ

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:話題の韓国ドラマ「その女」

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:話題の韓国ドラマ「その女」

韓国ドラマを字幕なしで見たい方へ:話題の韓国ドラマ「その女」

衝撃の話題作「その女」を紹介します。

ユン・ジスは、良妻賢母を夢見ている、典型的な専業主婦です。
ところが、ある日、夫のチョン・ジェミンが、オ・セジョンという女と浮気をしていることを知ります。
ジスは、苦悩の末、離婚を決意します。

離婚後、ジスは、テレビ局のプロデューサーであるク・ドヨンと出会って好意を抱きます。
しかし、ドヨンは、別の女性と結婚してしまいます。
諦めきれないジスは、ドヨンと不倫の恋に落ちます。

その後、ドヨンの妻が、ジスの家庭をメチャメチャにした女、オ・セジョンであることを知ります。
これは、運命のいたずらなのでしょうか・・・。
かつて、不倫に泣かされ被害者であったジスが、不倫の加害者という立場になったのです。

それでは、「その女」の主な登場人物を紹介します。

ユン・ジス役のシム・ヘジンは、1989年「追憶の名前で」で映画デビューし、実力派の女優として活躍しています。
また、ラジオのDJやトークショーのMCまでこなします。

ク・ドヨン役のチョン・ソンファンは、1995年「ジャズ」でドラマデビューしました。
その後、「ピアノ」、「ロマンス」、「太陽に向かって」などに出演し、さまざまな役柄を演じています。

オ・セジョン役のオ・ユナは、2000年に、「第1回サイバーレーシングクィーン選抜大会」で1位を受賞しデビューしました。
2004年「嵐の中へ」でドラマデビューしました。

チョン・ジェミン役のチャン・ドンジクは、1991年にファッションモデルで芸能界デビューしました。
その後、映画俳優のイ・ギョンヨンの薦めで、映画に転向し、1995年、キム・ソンス監督の「ラン・アウェー」で映画デビューしました。

posted by 韓国語で韓国ドラマ | 韓国ドラマ「その女」のあらすじ